“天宝銭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんぽうせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天宝銭”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『この楢の芽を見な。この芽がかば色の澁皮を落として、天宝銭てんぽうせんくらいの大きさの葉に育つと、遠い海の方から若鮎がのぼってくるんだよ』
楢の若葉 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)