“夜込乱入”の読み方と例文
読み方割合
よごみらんにゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう言って、近江の国の障子を引きあけて、なれなれしく近江の国へ夜込乱入よごみらんにゅうをかけ、
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)