“塵埃箱”の読み方と例文
読み方割合
ごみばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところがそのアトで勝手口の塵埃箱を覗いてみますと、お野菜の切端のような物ばっかりしか御座いません。
お勝手口の塵埃箱に魚の骨をうっちゃりに出たついで、そこに犬のいるのを見て、そっちへ骨を投げてやるように、連れていってお宮に逢わしてやろうというお情けかと、私はちょっと考えたが
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
塵埃箱の上に立ちあがった委員長石金さんの舌端、まさに火を発して
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)