“坂東骨”の読み方と例文
読み方割合
ばんどうぼね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、その直義とて、やはり土の子、一片の坂東骨であったには違いない。前後、夢中であったにしろ、いまの彼たるや、別人のようだった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
元来、母系は勧修寺家公卿出であったから、彼の母もわが子をただあじけない坂東骨一辺の粗野な武人には仕立てたくはなかったのだろう。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そういう眼に出合っては、元来が、謝りたくても謝れない性分をもつ坂東骨の盛綱は
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)