喰味しょくみ)” の例文
且つ尊親夫婦は最も喰味の調理に意を用いて、漸次に喰量を増し、粥をも少しずつを濃くせり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)