“しょくみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喰味50.0%
食味50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
且つ尊親夫婦は最も喰味の調理に意を用いて、漸次に喰量を増し、粥をも少しずつを濃くせり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
食味なども、下町式のを好むと同時に、また無茶悪食間食家でもありました。