“唐糸草”の読み方と例文
読み方割合
からいとそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すすきのえた穂と唐糸草の実つきと、残りの赤い色を細かにつけた水引草と、それになしひいらぎの白い花を極めてあっさりと低くあしらったものである。至極の出来である。