“哀歌”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あいか33.3%
エレジー33.3%
エレヂイ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“哀歌”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学史 文学思想史15.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
哀歌あいかをあげぬうみなれば
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
或る種の眼には実にわがもの顔に文学の領域を踏みあらしていたと思われる左翼の文学が、今やそのような形で自身への哀歌エレジーを奏している姿は、一種云うに云えない交錯した感覚であったろう。
昭和の十四年間 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
後に相模の海岸で溺死した矢田部理學博士は尚今居士の號でグレイの『哀歌エレヂイ』を譯した。
新詩発生時代の思ひ出 (旧字旧仮名) / 土井晩翠(著)