“北叟”の読み方と例文
読み方割合
ほくそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「えゝ。……これが東京でいふしやれといふもんだツせ、解りまツか。」と、北叟笑ひをした。
ごりがん (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
福知山方の面々は俄かに喜色をらせ思わず浮腰になって伸び上がる者もあり、殊に正面の松平忠房は、初めて愁眉を開いた顔を傍らの正木作左衛門に向けて意味深長に北叟笑んだのであった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お殿様、上首尾です」——こうその男は北叟笑みながら云った。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)