“努眼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どがん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“努眼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
元和げんなの初年である。都の東市に李和子りわしという悪少年があって、その父を努眼どがんといった。和子は残忍の性質で、常にいぬや猫を掻っさらって食い、市中の害をなす事が多かった。