“助平:すけべい” の例文
“助平:すけべい”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山2
三遊亭円朝1
太宰治1
“助平:すけべい”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ぷ! とんだ責任だ。別れ話だの何だのと言って、またイチャつきたいのでしょう? ほんとに助平すけべいそうなツラをしている。」
グッド・バイ (新字新仮名) / 太宰治(著)
「先生は風俗をかいているんだから。助平すけべいのつもりでかいていなさるんじゃない、芸術のためなんでしょう」
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「知ってるくせに、そんなことをいまさら尋ねるなんて野暮やぼらしい。今晩もわたし、清月ですっかりあの助平すけべいのお代官に口説かれちゃった」
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
僕などは助平すけべいたちだから余程女の方が宜しい
と源次郎は慾張よくばり助平すけべいとが合併して乗気のりきに成り、両人がひそ/\語り合っているを、忠義無類の孝助という草履取が、御門ごもんの男部屋に紙帳しちょうを吊って寝て見たが、何分にも熱くって寝付かれないものだから、渋団扇しぶうちわを持って、
PR