“刷梳”の読み方と例文
読み方割合
こきくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
終に、其の繊維の屑を取つて、それを美しい糸にするために、刷梳と云ふ大きな櫛のやうな鋼鉄の歯の間を通す。そして此の繊維は手なり機械なりで紡がれて、さうして出来た糸をにかけるのだ。