“偽盲”の読み方と例文
読み方割合
にせめくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お蝶は舌を巻いて、暗いところから弁信のを見直しました。それは、もしや、この按摩が偽盲で、そっと目をあいているからではないかと思ったからです。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
場所は、首部の間道で、偽盲の捕まったときよりも、時刻はだいぶ後であったが。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あるいは偽盲で実は盗賊のたぐいではないかなどと平助は疑った。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)