“保暦間記”の読み方と例文
読み方割合
ほれきかんき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じっさいは「保暦間記」にみえる五万余騎、あるいはそれより少し内輪目ぐらいが、ほんとの数ではなかったか。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
停頓は意外だった。麾下の将士には理解できないことである。このへんを彼の戦下手という者はいうのだろう。古典「太平記」「保暦間記」「梅松論」の諸書はその理由を
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
保暦間記」には、五月中、なおしばしば、奈良近傍に宮方の出撃あり、とみえるが、それは以後ひきつづいて、敗残の鎌倉諸将を、興福寺へ狩り立てるための行動だったに相違ない。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)