“伏龍”の読み方と例文
読み方割合
ふくりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつか司馬徽の山荘に一夜を送った時、司馬徽のいうには、いま伏龍鳳雛、二人のうちその一人を得れば、天下を定めるに足らんと。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
嚠喨として喇笛が吹奏され、まっ先にくる鞍上の人を見れば、これなん劉玄徳。左右なるは、伏龍孔明、鳳雛龐統の二重臣と思われた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かの水鏡先生が、孔明と並び称して——伏龍鳳雛といった——その鳳雛とは、襄陽龐統のことだが、その龐統も見えている。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)