“伏魔殿”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふくまでん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“伏魔殿”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しこうして洪大尉が伏魔殿ふくまでんあばきて、一百八の妖星を走らしめたる如く、ただこの中より無数の活劇、及び活劇をなせし大立者を出したる所以ゆえんのもの、にその由る所なくしてしからんや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)