“伎楽面”の読み方と例文
読み方割合
ぎがくめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天平時代の伎楽面として陳列せられている大きい怪奇な仮面の内には、われわれの不注意を突然驚異の情に転換せしめるような、非常に美しいものがある。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
そろそろ日本にかえって伎楽面白鳳の彫刻の話でもはじめようかと思っていた矢先きだった。
軍国歌謡集 (新字新仮名) / 山川方夫(著)
それから次ぎの室で伎楽面などを見ながら待っていてくれたH君に追いついて、一しょに宝蔵を出て、夢殿のそばを通りすぎ、その南門のまえにある、大黒屋という、古い宿屋に往って
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)