“今和次郎”の読み方と例文
読み方割合
こんわじろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この思いつきをとり入れて、今和次郎氏が調査所の依頼で、実際の家を建て農村の人を住ませて実験をすすめている。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)