“今村次郎”の読み方と例文
読み方割合
いまむらじらう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕は又その家の近所に今村次郎といふ標札を見付け、この名高い速記者(種々の講談の)に敬意を感じたことを覚えてゐる。——
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
(もつとも典山とか伯山とか或は又伯龍とかいふ新時代の芸術家を知らないではない。)従つて僕は講談を知る為めに大抵今村次郎氏の速記本に依つた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)