“今村清之助”の読み方と例文
読み方割合
いまむらせいのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今村清之助は常に紅葉の作を愛読していたが、感服の余りに一夜旗亭に紅葉を招いて半夜の清興をにしたそうだ。西園寺公も誰のよりも紅葉の作を一番多く読んでおられるようだ。