“今和”の読み方と例文
読み方割合
いまわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勝久は看板を懸けてから四年目、明治十年四月三日に、両国中村楼で名弘めの大浚を催した。浚場間口の天幕は深川の五本松門弟後幕魚河岸問屋今和と緑町門弟中、水引は牧野家であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)