“人頭税”の読み方と例文
読み方割合
じんとうぜい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
またこの華族は平民から人頭税を徴収します。その人頭税はごく貧乏人でも一タンガー位出さねばならぬ。その上の人になると十タンガーも百タンガーもめるものがある。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
なお華族に属しつつまた政府から幾分の税金を徴収されるです。ですから人民は二重の税金を払わなくてはならん。人頭税までぜますと随分沢山な税金を納めなくてはならん。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)