“亮信阿闍梨”の読み方と例文
読み方割合
りょうしんあじゃり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
亮信阿闍梨の使いを拒んでいたことにも、山徒の嘆願書を突っ返したことについても、余りよろこばない顔いろであったのみか
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「たずねてみましても、横川亮信阿闍梨は、これにおらぬ由でございます」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
亮信阿闍梨が、折り入って、この日向守に会いたいといっておるのか」
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)