“了善上人殿”の読み方と例文
読み方割合
りょうぜんしょうにんどの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸に立戻らむと志し候途中、図らず道づれに相なり候は、これ即ち当山満行寺先代の住職了善上人殿にて御座候。
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)