“乱戟”の読み方と例文
読み方割合
らんげき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その兄なる九郎次は、武田勢の前まで近づかぬうち、さっと突き出して来た敵がわの列に呑まれて、乱戟のなかに姿も没していた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白昼の刃影、一時にどよめき渡って、月輪の勢、ジリリ、ジリリとしまると見るや、一気に煥発して乱戟ここに泰軒の姿を呑みさった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
しかし乱戟の下、すぐ旗竿は折れ、旗手も抜刀しておめきの中に加わっているらしい。正成のすがたはどこか。弥四郎正氏はどこをいているか。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)