“乙鳥:つばめ” の例文
“乙鳥:つばめ”を含む作品の著者(上位)作品数
野口雨情2
吉川英治1
“乙鳥:つばめ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——と思うと、浪人の、黒奉書の片袖が、乙鳥つばめの羽のようにひるがえって、真っ白いかいなに電撃の速度がついた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
乙鳥つばめの姉さん
青い眼の人形 (新字新仮名) / 野口雨情(著)
乙鳥つばめ
極楽とんぼ (新字旧仮名) / 野口雨情(著)