“下手象戯:へたしょうぎ” の例文
“下手象戯:へたしょうぎ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“下手象戯:へたしょうぎ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「小姓たちもみなも、次へ退さがって休息しておるがいい。下手象戯へたしょうぎをのぞかれると、よけい気が惑うていかぬもの」
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)