“下品往生:げぼんおうじょう” の例文
“下品往生:げぼんおうじょう”を含む作品の著者(上位)作品数
倉田百三1
“下品往生:げぼんおうじょう”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教20.0%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あの観経かんぎょうにある下品往生げぼんおうじょうというのは、手は虚空こくうを握り、毛穴からは白い汗が流れて目もあてられぬ苦悶くもんの臨終だそうな。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)