“下北半島:しもきたはんとう” の例文
“下北半島:しもきたはんとう”を含む作品の著者(上位)作品数
宮沢賢治1
“下北半島:しもきたはんとう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
船はいま黒いけむりを青森の方へ長くひいて下北半島しもきたはんとう津軽つがる半島の間を通って海峡かいきょうへ出るところだ。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)