“上野谷中:うえのやなか” の例文
“上野谷中:うえのやなか”を含む作品の著者(上位)作品数
永井荷風1
“上野谷中:うえのやなか”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
左手には上野谷中うえのやなかに連る森黒く、右手には神田下谷浅草へかけての市街が一目に見晴され其処そこより起る雑然たるちまたの物音が距離のために柔げられて、かのヴェルレエヌが詩に、