“三好秀次”の読み方と例文
読み方割合
みよしひでつぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その藤十郎のはなしで、新十郎の馬を奪って逃げた豪胆らい落な敵は、池田家の臣でなく、三好秀次の家来、土肥権右衛門という者であることが分った。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まもなく、弥兵衛に代って、三好秀次が、ここへ来た。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三好秀次からご寄進檜船ではないかと思われます」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)