“一箭双鵰鵬”の読み方と例文
読み方割合
いつせんさうてう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此言は心裏を想ひやつて意を立てゝゐるのだから、此も亦ると中らざるとは別であるが、而も正統記等が其跡に就いて拡張したのであらうといふことは、一箭双鵰鵬を貫いてゐる。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)