“一斗桝”の読み方と例文
読み方割合
いっとます100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金永生から追払われて、ぼんやりとして稻香村(菓子屋)の前まで来ると、店先にぶらさげてある一斗桝大の広告文字を見た。
端午節 (新字新仮名) / 魯迅(著)
一斗桝くらいの桶一杯分を渡したのを見ていたから、もし私にもそんなに呉れるようなら、三分の一程度だけ受取ることにしよう、などと、おうようなことさえ考えていたのであるが
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
一斗桝くらいの桶一杯分を渡したのを見ていたから、もし私にもそんなにれるようなら、三分の一程度だけ受取ることにしよう、などと、おうようなことさえ考えていたのであるが
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)