“モノザネ”の漢字の書き方と例文
ひらがな:ものざね
語句割合
代表物100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
香具山の土を、大和の代表物モノザネとして呪する為に取りに行つたのは、椎根津彦シヒネツヒコ弟猾オトウカシとでした。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
神武紀に書き残された、椎根津彦シヒネツヒコ弟猾オトウカシとの二人が、香具山のハニツチを大和の代表物モノザネとして、呪する為にとりに行つた話に、其が見られる。
田遊び祭りの概念 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)