“スサノオ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:すさのお
語句割合
素盞嗚66.7%
素盞嗚尊33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは新羅の牛頭山に在ます素盞嗚スサノオ尊を勧請して祭ったともいう。ともかくインドの牛頭天王と合祭してある。
素盞嗚スサノオ尊、その罪を贖わんとて、鬚を抜き、爪を殺ぎ、また手の爪、足の爪を以て吉棄凶棄物と為す。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
稲荷は「稲生イネナリ」の義にして、神代紀に保食ウケモチ神の腹中に稲を生ず、とあるに依て明なり。然るに後の書に素盞嗚尊スサノオの子、宇賀之御魂ウカノミタマ神、亦の名は専名三狐神ミケツカミとあり。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)