“ゴリヤウ”の漢字の書き方と例文
ひらがな:ごりやう
語句割合
御霊100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
農村を荒さないやうに御霊の一種になつてゐた曾我殿原の霊をひ鎮める、——念仏狂言にも近いものを行つて居たものであらう。
芸能民習 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
曾我の五郎兄弟は、富士の両麓の国では、随分御霊としての凄い力を現して、何の縁もない後世の百姓たちをも悩してゐる。
芸能民習 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
若くて心の伸べられなかつた、怨みを持つて死んだらしい人々が、とりわけ恐れられて、京の御霊八社の同族のやうに見られてゐたのである。
芸能民習 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)