“わたくしめ”の漢字の書き方と例文
語句割合
私奴100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とくと御配慮を願います。私奴わたくしめが御預かり申上げましたのは、確かにこの小菊となまくら」
「どうも半丘宗匠の取調べが物足りねえ様に私は考えます。なる程お玉という娘の父親は竜神松五郎という海賊かも知れませんが、そんな奴には種々いろいろ魂胆こんたんがありまして、人の知らねえ機関からくりも御座いますから、再調さいしらべの役目を私奴わたくしめにお云附いいつけ下せえまし」と中間市助が願い出た。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)