“ろうめい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
朗明50.0%
楼名50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、夏もやがて近い真昼中まひるなか朗明ろうめいであって陰湿がない。どこかで石屋ののみの音がする、かッたるそうにきざんでいた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
又「はア貴公の楼名ろうめいは何と云う」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)