“やうげん”の漢字の書き方と例文
語句割合
揚言100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紅葉先生こうえふせんせいも、はじめは「豆府とうふ言文一致げんぶんいつち大嫌だいきらひだ。」と揚言やうげんなすつたものである。
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)