“めうり”の漢字の書き方と例文
語句割合
冥利100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あんまり冥利がよくあるまいと言へば御親切に有がたう、御異見は承り置ましてはどうもあんな奴は虫が好かないから、無き縁とあきらめて下さいと人事のやうにいへば
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「大丈夫だ。そんなことはあるまいが、俺はどうしてあの子供を殺したか、それが知りたいんだ。岡つ引き冥利だ、心配することはないから、放つて置いてくれ」