“まおと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
門男50.0%
間男50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同誌五巻三号(大正十年三月)に報告せられ、周防の谷苔六君は、周防における同じ時代の門男まおと百姓のことについて、同誌九巻五号(大正十二年五月)に発表せられるところがあった。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
門男まおと」はすなわち「間人もうと」である。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
右の間人まうと間男まおと間脇まわきなど呼ばれたものは、必ずしも昔の間人はしひとの後裔だという訳ではないが、ともかくも一時落伍者として無産階級に落ちた為に
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)