“まえづま”の漢字の書き方と例文
語句割合
前褄100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれ、と前褄まえづま引合して、蹌踉よろめきながらげんとあせる、もすそをお録が押うれば、得三は帯際おびぎわ取ってきっと見え。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
袷の衣紋えもんの乱れたまま、前褄まえづまを取ったがしどけなくすそを引いて、白足袋の爪先
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)