“ふわふわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
娑々50.0%
浮波々々50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何処いずくよりか来りけん、たちまち一団の燐火おにび眼前めのまえに現れて、高くあがり低く照らし、娑々ふわふわと宙を飛び行くさま、われを招くに等しければ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
苦桃にがもも一顆ひとつ浮波々々ふわふわ浮来うききたりぬ、
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)