“ひとあんしん”の漢字の書き方と例文
語句割合
一安神100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中には、安全と思うところへ早く家財なぞをもち出して一安神ひとあんしんしていると、もなく、ふいに思わぬところから火の手がせまって来たりして、せっかくもち出したものもそのままほうってにげ出す間もなく、こんどは
大震火災記 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)