“ひあはい”の漢字の書き方と例文
語句割合
庇合100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同じ新開の町はづれに八百屋と髮結床が庇合ひあはいのやうな細露路、雨が降る日は傘もさゝれぬ窮屈さに、足もととては處々に溝板の落し穴あやふげなるを中にして、兩側に立てたる棟割長屋、突當りの芥溜ごみためわきに九尺二間の上りかまち朽ちて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)