“とりあえず”の漢字の書き方と例文
語句割合
不取敢100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甥のことを頼んで置いて、自分の家へ引返してから、三吉は不取敢とりあえず正太へてて書いた。その時は姪のお延と二人ぎりであった。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ゆえに不取敢とりあえずその図を先きに出しその文章を後廻しにする事にして断然実行に移す事となり、まずその書名を日本植物志図篇と定めた。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)