“てんしゅんしゅくこつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
転瞬倏忽100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
机の上の書類を取ってふところに入れる。長押なげしから中折れの帽を取って被る。転瞬倏忽てんしゅんしゅくこつの間に梯子段を降りるのである。純一はあきれて帽をつかんであとに続いた。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)