“ついつい”の漢字の書き方と例文
語句割合
怡々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
云い乍ら腕をグイと延ばし、灯籠の台笠へ指を触れた。途端に轟然たる音がして、石灯籠の頂上から、一道の烽火のろしが立ち上り、春日怡々ついついたる長閑の空へ、十間あまり黄煙を引いた。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)