“ちにく”の漢字の書き方と例文
語句割合
血肉100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お庄は婆さんの前に坐っていると、膝やお尻の、血肉ちにくが醜く肥ったことが情ないようであった。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
それで若し、私が、あのちどりの次兄であったとして、いやそう驚かなくてもいいよ、先刻、君が口中であじわい、胃袋へおとし、唯今は胃壁から吸収してしまったであろうと思われる、アノ××××が、栄螺さざえの内臓でなくして、実は、君の血肉ちにくけた、あの胎児たいじだったとしたら、ハテ君は矢張り、
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)