“ちきり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
契約50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
せて主從しゆうじう契約ちきりむすびぬ、
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
或日森の母が見えて、「お前の家の紋本があるなら見せてほしい」といわれます。宅では男紋と女紋とが木版で出来ていますので、男のはちきり違い、女のは粟穂あわぼ違いです。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)